コンタクトレンズならメガネの井上まで。眼科を併設しているので最適なコンタクトの選び方をご説明します。

HOME > コンタクトの選び方

コンタクトの選び方

コンタクトレンズの普及とともに、目の障害が増え社会問題にまでなっております。
目の健康のために、あなたの生活をもっと快適に過ごすために、改めて、高度管理医療機器として考えてみませんか。

御茶ノ水店の他に江戸川区の西葛西・井上眼科病院にも隣接している西葛西店があります。
御茶ノ水店、西葛西店ともに、経験豊かなスタッフがコンタクトレンズ及びレンズケアについてご相談を承っております。

お気軽にご相談ください。

メガネとコンタクトレンズの比較 Comparison

  メガネ コンタクトレンズ
価格 一般的にコンタクトレンズより安い 一般的にメガネより高い
装着 誰でも簡単に装用が可能 人によっては装用が困難
視野 裸眼に比べ視野は狭まる 裸眼と同等の視野が確保
携行 スポーツ等の激しい運動には不向き 多くのスポーツで使用可能
負荷 コンタクトレンズに比べ目への負担が少ない メガネに比べ目への負担が大きい
メンテナンス 手入れは簡単 こまめなケアが必要

メガネとコンタクトレンズの特徴 Characteristic

コンタクトレンズは、プラスチックのレンズを角膜(黒目)の上にのせて視力を矯正するものでメガネに比べ見え方が自然で視力矯正に優れています。
また、1日の使い捨てレンズやカラーレンズなど様々なコンタクトレンズがあり、目的や用途に合わせて幅広くお選びいただけます。

しかしながらコンタクトレンズは、2005年4月1日から薬事法改正により、「医療機器」から人体に対するリスクが高いものとされ、副作用・機能障害を生じた場合、人の生命・健康に重大な影響を与えるおそれがある「高度管理医療機器」の心臓ペースメーカーの次にリスクが高いとされるクラスIIIに分類されました。

コンタクトレンズを安全にお使いいただくには、取り扱いに際しての細心の注意とレンズや使用方法についての正しい知識が必要です。

コンタクトレンズを購入される際には、必ず眼科専門医の診察・検査・処方を受けてから購入されることが必要不可欠です。

「ハードコンタクトレンズ」と「ソフトコンタクトレンズ」 Hard & Soft

コンタクトレンズには、大きく分けて「ハードコンタクトレンズ」と「ソフトコンタクトレンズ」があります。

  ハードコンタクトレンズ ソフトコンタクトレンズ
視力矯正力 ソフトレンズに比べ優れている ハードレンズに比べ劣る
乱視 乱視矯正に優れる 乱視矯正が劣る
装用感 裸眼に比べ慣れるまで違和感がある 初めての方でも慣れやすい
耐久性 耐久性に優れる 耐久性がやや劣る
種類 少ない 使い捨てなど種類が豊富
その他 ゴミが入ると痛い
ずれやすい・外れやすい
汚れを取り込みやすい
眼障害に気づきにくい

酸素透過性ハードコンタクトレンズ Oxygen permeability hard contact lens

水分を含まないプラスチック製の固いレンズで耐久性と光学特性に優れ乱視矯正(乱視の状態によっては矯正できない場合があります)に適しています。
直径が9mmくらいで角膜より3mmくらい小さく涙液交換と酸素を通しやすい分子構造になっており酸素透過性に優れていますが、固い素材のためにゴロゴロするなど異物感があり慣れるまでに時間がかかります。

慣れるのには個人差があり、2~3日で慣れてしまう方もいますが通常は1週間くらいで慣れてきます。
角膜にキズができたときや異物が入ったときは、ゴロゴロしたり痛みを感じて重症化する前に本人が気づくという長所もあります。

レンズの寿命は通常3 年くらいですが、レンズによって(同じハードレンズでも酸素透過性の違いで耐久性が異なる場合があります)やケアの仕方、取り扱い方法、装用時間などでも寿命が長くなったり短くなったりします。

ソフトコンタクトレンズ Soft contact lens

水分を含むと柔らかくなる素材で作られていて、目になじみやすくつけ心地の優しいコンタクトレンズです。個人差はありますが、生活環境や装用時間によっては乾燥感が気になる場合もあります。

直径が13~14mmくらいで角膜全体をおおうため動きの激しいスポーツでもずれにくく、ハードレンズに比べソフトコンタクトレンズの方が運動に適しているといえます。主にコンタクトレンズに含まれる水分から酸素を瞳に供給していますが、ハードレンズのようにレンズの素材自体が酸素透過性に優れた「シリコーンハイドロゲル」という新素材のソフトコンタクトレンズが発売されるようになりました。

寿命は1年~2年と、目の状態やハードコンタクトレンズ同様にケアの仕方、取り扱い方法、装用時間などでも寿命が短くなったりします。ソフトコンタクトレンズは、ハードコンタクトレンズに比べ乾燥感がレンズ状態により目への影響が大きいといわれていますので、定期的な受診と取り扱いには細心の注意が必要です。

使い捨てソフトコンタクトレンズ Throwaway soft contact lens

ソフトコンタクトレンズには、従来のレンズの他に使い捨てタイプのレンズがあります。

  ソフトコンタクトレンズ 1日使い捨て
ソフトコンタクトレンズ
2週間交換
ソフトコンタクトレンズ
1週間連続装用
ソフトコンタクトレンズ
費用 ◎ 低い × 高い ○ 中程度 △ 中程度
メンテナンス × 必要 ○ 不要 × 必要 ○ 不要
清潔さ △ ケアを怠らなければ
清潔
○ 清潔 ○ 清潔 ○ 清潔
種類 ○ 豊富 △ 度数が限定 △ 度数が限定 △ 度数が限定
破損・紛失時の損失 × とても大きい ○ 少ない ○ 少ない ○ 少ない
処方時の
破損確認
○ 可能 × 不可 × 不可 × 不可

1日使い捨てタイプ、2週間交換タイプには、カラーコンタクトレンズや遠近両用、乱視用のレンズなど様々な種類があります。眼科医に目の健康状態をチェックしてもらい、コンタクトレンズが装用できるのか、どんなレンズが適しているのかを診断していただき、自分のライフスタイルや経済性など考慮したうえで自分に合ったタイプのレンズを選ぶのが良いでしょう。

コンタクトに関することならお任せください。

深い専門知識を持ったスタッフが、お越しくださるお客様に、誠心誠意対応いたします。いつでもお気軽にお客様にご来店いただけるよう、アットホームな店舗作りを心掛け、常に選ばれ続けるお店であり続けたいと思います。

商品紹介

コンタクトの選び方

コンタクトの購入について

コンタクトのアフターケア・保証

Inouye contactlens Inouye
商品紹介