メガネのことなら、メガネの井上。ブランドやキッズなど、豊富なメガネの種類をご紹介します。

メガネの井上 御茶ノ水本店

  • ホーム
  • 商品紹介
  • トピックス
  • メガネの選び方
  • メガネの種類
  • こどもメガネ
  • 補聴器
  • メガネのアフターケア・保証

HOME > メガネの種類

メガネの種類

一言で目が悪いといっても、視力や見え方は人によって様々なので、自分の目に合ったレンズを選ぶ必要があります。
ここではメガネレンズの様々な種類をご紹介します。

単焦点レンズ Fixed focal length lens

文字通り焦点(ピント)が1つのメガネで、メガネの処方箋には「遠用」(遠くを見る)、「近用」(近くを見る)、「中間用」、「常用」等と記載されております。
時々、メガネの種類の「遠用」と、眼の状態の「遠視」を混同されている方がいますが、「近視」の人も「遠視」の人も裸眼では遠くを見づらいため、それを補正するために掛けるメガネが「遠用」メガネとなります。

さらに「近用」と「近視」も同じように混同される場合があります。
「近用」メガネは裸眼(またはコンタクトレンズ装用状態)で近くを見づらい場合に掛けるメガネです。一般的には「老眼鏡」と呼ばれています。

レンズ設計は主に3タイプあります。

  • 球面設計:従来からある設計のレンズ。度数によってはレンズ周辺部にゆがみを感じることがある。
  • 非球面設計:度数が強い場合、球面設計に比べレンズ周辺部のゆがみが少ない。
  • 両面非球面設計:レンズ周辺部のゆがみやボケが少なく自然な見え方。
    近視、遠視、乱視度数の強い方や、コンタクトレンズを装用している方におすすめです。

遠近両用レンズ Bifocal lens


  • 累進タイプ遠近両用の見え方

  • バイフォーカルタイプ遠近両用の見え方

大きく分けて境目のない「累進タイプ」と、境目のある「バイフォーカルタイプ」があります。

レンズの中心からやや上部の遠用アイポイントを通して見ると遠くが見え、目線を落としレンズ下部の近用アイポイントを通してみると近くが見え、その間も連続して度数が少しづつ変わり中間距離を見ることができます。

よって、「累進タイプ」の遠近両用は1本のメガネで生活に必要なほぼ全ての距離を見ることができます。
ただしレンズ設計の関係で、レンズの周辺部に少しボヤけて見える部分(ゆがみ)が生じるため、人によっては慣れるまでに時間を要する場合があります。

この「ゆがみ」は、遠用度数と近用度数との差が大きい(いわゆる老眼がかなり進行してしまっている状態)ほど感じやすく、この状態で「累進タイプ」を初めて掛けると一層慣れづらくなってしまいます。

逆にその差が小さいと「ゆがみ」を感じにくく、ほとんど違和感なく快適に遠近両用を掛けこなすことができます。
違和感や快適さは人によりそれぞれ感じ方が異なりますが、「累進タイプ」に関しては手元が見づらくなったら早目に掛けて「慣れる」ことをおすすめいたします。
「遠近両用を掛けるとなんだか急に歳をとったみたいでイヤだ」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、掛けても掛けなくても度数は同じように進んでしまうようなので、早くから掛けて快適な生活を送られてみてはいかがでしょうか?
一方バイフォーカルも「昔のメガネ」ではなく、近くをじっくりと広い視野で見たい場合やスポーツをしている時に少しだけ近くを見たい場合などに有効です。

遠近両用のメガネは、タイプと設定の選択により様々な用途に活用できます。

中近両用レンズ Bifocal lens

中近両用の見え方

手元から室内までの距離を見渡せるメガネです。

遠近両用ほど遠くを快適に見ることはできませんが、中間距離と手元の見える範囲は遠近両用より広くなっています。

比較的初心者でも慣れやすく、室内で過ごすことが多い方におすすめです。

また、オフィスワークや家事、食事、テレビ視聴といった普段の生活にも適しています。

近々両用レンズ Bifocal lens

近近両用(近用ワイド)の見え方

手元から1mくらいまでを見るためのレンズで、主にデスクワーク、パソコン作業、読書などに適しています。

あくまでも手元専用ですので、遠くを見ることに適してはおりませんが、手元はワイドでクリアな視界が確保できます。

遮光レンズ Shading lens

遮光眼鏡は、まぶしさやぎらつきの要因となる500nm (ナノメートル)以下の短波長光(紫外線+青色光線)のみをカットし、それ以外の光を通す特殊カラーフィルターレンズです。

通常のサングラスは光を均一にカットするため全体的に暗くなりますが、遮光眼鏡は上記の効果により、まぶしさを抑えながらコントラストを高め、物の輪郭がはっきりとした見え方に改善できます。

網膜色素変性症の方や、白内障、白内障手術後の方にお勧めいたします。
また、その予防にも効果が期待できます。

詳しくはこちら http://www.eyelifem egane.jp
※視覚障がい者の方は補装具費の支給対象となる場合がございます。各自治体へご相談ください。

偏光レンズ  Polarizing lens.

強い日差しの照り返しなど、反射光による眩しさを抑えることに特化したレンズです。
地面やガラスなどの反射光は普通のサングラスでは防ぐことができませんが、偏光レンズでは効果を発揮し、クリアな視界が保てます。

ダッシュボードの映り込みや、水面のギラつきも抑えるため、ドライブや釣りなど趣味のシーンで活躍します。

調光レンズ Photochromatic lens

紫外線に反応して色が濃くなるレンズです。

紫外線に当たらなければレンズはほぼ無色透明なため、室内では普通の眼鏡として使用でき、屋外などで紫外線に当たると発色し、サングラスに変身します。

調光レンズには、温度が低いほど反応しやすくなるという特徴があるため、夏よりも冬の方が色が濃く染まります。

色はグレイとブラウンが主流ですが、薄いブルーやピンクなどのバリエーションもあります。

クラッチメガネ Clutch glasses

上まぶたが下がり開きづらくなる「眼瞼下垂」を矯正するためメガネに取り付ける補助具です。
「眼瞼けいれん」の方にも効果的な実績がございます。

お客様により症状や取り付けるメガネ等が異なるため、メガネの井上では様々なタイプ、サイズ、固さのクラッチメガネを作成し取り揃えております。

メガネに関することならお任せください。

深い専門知識を持ったスタッフが、お越しくださるお客様に、誠心誠意対応いたします。いつでもお気軽にお客様にご来店いただけるよう、アットホームな店舗作りを心掛け、常に選ばれ続けるお店であり続けたいと思います。

  • 商品紹介
  • メガネの選び方
  • メガネの種類
  • 子供用メガネ
  • 補聴器
  • メガネのアフターケア・保証

Access メガネの井上 御茶ノ水本店

住所
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-3
電話番号
03-3295-1436
FAX番号
03-3295-0288
営業時間
9時00分~19時00分
定休日
日曜・祝日
取扱商品
メガネ、サングラス、補聴器、ルーペ
アクセス
最寄駅JR中央線・総武線【御茶ノ水駅】[聖橋口] より徒歩1分
東京メトロ千代田線【新御茶ノ水駅】[B1出口] より徒歩1分
東京メトロ丸の内線【御茶ノ水駅】[1出口] より徒歩4分

Inouye contactlens Inouye
商品紹介