• ひとりの人が眼鏡を着用する、または着用しない理由はさまざまです。
    前者では視力の補正のため、服装のコーディネイトのため、紫外線の防止など…。
    後者ではそもそも視力は悪くない、コンタクトで間に合っている、わずらわしいなど…。
    このようにそれぞれに理由はさまざまで、どの選択もいち個人の最良の判断のもと選択されたものと思われ、私たち眼鏡に携わる人間は誰もそれらを強要することはできません(医療的な判断を除いては)。
    私たち眼鏡を生業とする者たちが共通して願うことは、眼鏡を着用する人口の増加です。
    そのためには眼鏡がもっと身近な存在になることが必要です。
    それは「気心の知れた仲間や、相棒のような存在」であること。
    そしてライフスタイルの中に自然とある「ワードローブのような存在」であること。
    私たちは早速、これらの条件を満たす最良のレンズの選定・フレームデザインを考えはじめ、眼鏡の生産に取り掛かりました。そして、それらの眼鏡を「Buddy Optical」と名付けました。

    「Buddy」とは英語で親友や相棒を意味し、戦友のようなとても近しい存在を表します。
    また眼鏡をかけて人前に出ることが美徳とはされなかった時代に、そういった人々の意識を一気に変えてみせた偉大なるミュージシャンのイメージを反映したものです。
    誰もがこの眼鏡に親しみを持ち、そしてクールでいられるように。

お問い合わせをする

当商品についてご質問などございましたら、上記お問い合わせボタンからお気軽にお問い合わせください。

代表的なお取扱い商品

お取り扱い店舗

お客さまがフレームに出会った時、掛けた時、使い続けた時、どうなのか。できるだけリアルに思い描きながら、ブランドや商品を集めています。

お客さまの様々な好み、様々な選び方にお答えできるよう、たくさんのブランド、たくさんのフレーム。どれもが、掛ける人のことを思い描いて選んだフレームをご用意しております。

ぜひ、お気軽にご来店ください。